赤い犬と、ルデの庭で
カタ・コリーが贈る、FF11話を中心とした、まったり日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


漫画の話
歯を磨くたびに歯ブラシが赤く染まります・・・
こんばんわ、コリーです。


今、眠れないので漫画読んでましたw
漫画が好きな人間でして、結構な数持ってるのですが、その中でも自身のお気に入りを紹介してみようかなーと、思ったので書いてみます。


まず、自分が好きな漫画家さんを挙げるとしたら、「冬目 景」さんを挙げます。


この人は、まぁスッゴイ絵がうまい!とか、ストーリーが格別!とか、そう言ったわかりやすい「武器」みたいなものは持っていないと思うのですが。

いきなり、さっき言った事と矛盾するのですが、この人の作品はストーリーというか、雰囲気が、すごく独特なんです。


08.jpg09.jpg


左が「イエスタデイをうたって」
右が「羊のうた」という作品です。





自分はこの二作品が大好きなんですが、特にこの作品(というか、この人の作品全てにあると思うのですが)にある閉塞感がスキなんです。
別にストーリが壮大!とか設定、背景が緻密でスゴイ!とかではなく、なんと言うか閉じた世界でのみ輝きを放つような感じですかねー。
例えるならば、「万華鏡」かな? うん、そんな感じ。

特に秀逸なのが心理描写で、これはもう圧巻ですね。
「羊のうた」は、もう最初に「病気」という設定があって、それに苦しんだり、悩んだり、立ち向かったり、といった心の機微が見事に表現されていると思います。
どこか暗く、フシギな雰囲気と相まって、一回読んだらその世界から抜け出せなくなりますw



「イエスタデイをうたって」は、優れた心理描写はそのままに、もっとポップなった作品と言った感じです。

別に登場人物に大きな「負」の設定(病気とか、障害とか)はなく、ホントーにどこにでもあるような感じなんですよ。
全然特別な設定もなくて、特別な出来事も起こらない。
これって漫画の世界じゃ逆に珍しいんですが、そこがまたイイ!


きっと、普段と変わらない毎日があって。
少し変わった事が起きても、きっとそれだって日常なんだって。
でも、変わらない毎日があっても「時間」は流れて、僕達の考えや、想いは、環境と共にきっと変わっていく。


読んだ後、自分はこう思いました。
本当に、どこか閉じた世界で、色々な人たちが変わらぬ日常の中で、ちょっとしたキッカケでそれぞれの想いを変えていく、といった感じです。
この「ちょっとしたキッカケ」の描き方が本当にうまい!


あと、漫画っておいしい設定ってよく引き伸ばすじゃないですか。
この漫画にはそれが無いんです。
ヒロインのことを好きなライバルが現れると、彼は早速主人公に戦線布告するわけですが、別に展開が急になるわけじゃないw

彼には彼なりの夢があって、普段の生活の中でいつの間にか自分の気持ちを固めてて。
内心ダメだとわかっていても、心残りをなくすために告白して、ダメだとわかったら「もう思い残すことはなくなったから。ありがとう。」と言って彼は舞台を降ります。


ヒロインにしても(ヒロインは二人)、昔スキだった人のことが忘れられなくてずっと気持ちもループと言った感じだったのですが、繰り返す日常の中で、忘れたわけでも、乗り越えたわけでも無いのに、段々と気持ちが前向きになっていくんです。


本当に少しずつなんだけど、「ちょっとしたキッカケ」で確かにみんな変わっていくんです。
この描き方が本当にうまい!



冬目景さんの魅力は、この心の機微と、作品全体に漂うムードみたいなものだと思うのですが、これはやっぱ書いてもうまく伝わらないものなので、是非一度読んでみてください。



読んだ後に残るのは、爽やかな読後感と、少しだけ暖かい「現実味」ですから。きっと。



スポンサーサイト

Hahaha箱庭
こんにちわ。
何の前フリもなくいきなり本題から行きます。

さて、前に記事でも書いたとおり先日LSイベント第二回目を、執り行いました。。
その名も、「箱庭頂上決戦~愛故に、アイユエニー~」です今付けたんだけど。

当日、予約だけはしてもらっていたので(予約にはバリスタポイントが必要とか言われても俺もってないからwごめww)、僕は集合場所に先に集まり占有手続きと、参加者へ赤大典を配布しないといけませぬ。



前は不測の事態もあって参加かなわなかった自分ですが、今回は!と戦々恐々としながらもNPCに話しかけます。


04.jpg

「私は偉大なる魔導師アブダルスの弟子ティルコー。師匠アブダルスに代わって箱庭の管理を任されています。~略。」







ぷろましあ入れたら手のひら返したように

会話をはじめくれるNPC。







あぁそうかいそんなにぷろましあが大事かちくしょう。
まぁ、そんなこんなで今回は何のトラブルもなくスムーズに箱庭に入ることができましたよかった!


そんでまぁ、諸々の設定の後バリスタ開始!なワケデスガ・・・





・・・。






うおおおおおおおおおおおおおッ!!














夢中になっててSS撮るの忘れてた。




どんまい。。_| ̄|○



やっべまじやっちまったw
てかバリスタ慣れしてるヤツらマジ強いww
透遁の術で姿消して近づいて不意打ちとかマジウザス。
切られましたよ何回も背後取られた_| ̄|○



まぁマジで夢中なってて大まかな流れしか覚えてナスww
ここで試合の詳細書いても、参加者しかわからんだろーし詳細は省きますが、自分は二回やって二回負けた・・


赤でいったんだけど何やっていいのかわからなくなってパニックw
慣れない内はちゃんとやること決めて行った方が(・∀・)イイネ!!
次回は黒で参加予定デス。。



07.jpg
そんで最後に集合写真撮って終わりです。
写真に自分写って無いけどww
これが一番写りよかったから仕方ナスww








予定が合わずに、参加できなかった人らも多かったのが少し残念。
いつかLS総出でやりたいね!
20対20では阿鼻叫喚の地獄絵図になりそうですが・・・

それでは来週のイベント予告!!










さーて、来週のイベントはぁ~
コリーです。
すっかり肌寒くなった今日この頃、寒さには気をつけなければいけませんね!
寝るときには、今までより厚めの布団を用意しましょう。
お腹を冷やしてしまうと風邪ひいちゃいますからね!
寝落ちなんてもってのほかですよ!!

さて次回は
「コリー、赤帽子をかぶる」
「マスオ、広島6区に出馬決定」
「決戦ぷろみぼん、メアに散る我等」
 の3本です。




来週もまた見てくださいね!
じゃん、けん、ぽん!!(ぱー)
ウフフフフ。



人気blogランキングへ
押してみそ~


読書読書。
06.jpg
えーと、いきなりFFの話を離れ日記をば。

読みました。となり町戦争。
読んだのは実は結構前なんだけど、コレについてはいつか感想書きたいなぁと思っていたので、書いてみます。。


コレはですね、正直にすごいと思いました。
リアルが無いんですね、まったく。 となり町と戦争だということになり、そしていつの間にか戦争は始まってしまう。
しかし、何も変わらない。主人公を取り巻く環境は変われど、彼は普段の生活の中に戦争の姿を見出すことができません。

それでも、広報は淡々と戦死者の数を挙げ、確実に戦争の影を落とす。

自分の戦争のイメージとはまったく結びつかない、「戦争」。
気持ち悪いくらいの「実感」の無さが、これ以上無いくらいのリアルとなって、読み手をぐいぐい惹きつけます。

肌で感じることのできない「戦争」、目に見えない実体は嫌悪感、恐怖、焦燥と言った感情となって主人公に降りかかるわけですが、それすらもどこか他人事で、違和感を覚えることしかできない主人公。
しかし彼は、最後にあるものを「失う」ことで自分なりに「戦争のリアル」を実感します。
「あぁ、これが戦争なんだ。」と。




[続きを読む]

お金お金。

こんにちは、コリーです。
早速ですが、お金がありませんw
困った困ったw はてさてどうしたものか。


とまあそんなわけで、だぼいに篭ってooze狩りです。(上図)
コイツはね、競売で10万相当で取引されてるドッジイヤリングを落とすわけです。
ナイスですね。


【ドッジイヤリング】【ください。】


しかもだぼいについてみると、コレといったライバルもいなくooze独占状態・・・ッ!!
アツイ!!いけるよこれ!!


順調にooze狩ります。狩ります。狩ります。
いーっぴきー にーひきー さんびきー・・・





にじゅうにひきー・・・






49匹目!!出たー!!!



長かったよ・・・(´Д⊂
こんなに出ないもんなの??
いや。運が悪かっただけさ!二個目はきっとすぐ出るさ!!


ごじゅっぴきー ごじゅういっぴきー ごじゅうにひきー・・・




・・・










86匹目!!二個目キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!



疲れました_| ̄|○


その後ライバルいないからって100匹まで狩りましたが、出たのは2個。
しかもダボイ行く前に競売で見たら一個20万だったのに、戻ってきたら値崩れまくっててだいたい一個13万とかになってるしありえねーヽ(`Д´)ノ



富豪への道は遠い・・・



がんばった時間:5時間
ステータス:赤57 サポシ(16)
準備金:0
期待収支:30万くらい?







プロマシア入れたひゃっほい。
02.jpg

えー、先日やっとこさ入れました。ぷろましあ。

メインまだ50台だし、ランク5でジラM一つも進んでないし別にイイやw的な感じだったのですがっ。甘かったっ・・・ッ!!


とうとう狩場候補に【ウルガラン山脈】とか出てきて、
やヴぁいなぁそろそろとか思ってたのよ。ほんとに。
この前もとあるPTで
PTメン1「狩場どーしましょー?ウルガランで虎いきますかー?」

PTメン2「いいですねー。そーしますかー。」

σ(゚∀゚ ∬オレ「あぅ。すいませんプロないです;;」



沈黙の後、プロテアかけてくれる白さん。


すいませんすいません;;
プロテスが無いのではなく、ぷろましあがないんですでもプロもさっき間違えて切っちゃったからプロもなかったからとりあえずありがとうでもでもウルガランはいけません;;


・・・。
【ごめんなさい。】



でもでも。
σ(゚∀゚ ∬オレをぷろましあに走らせたのは、これ以外に確固たる理由があったのです。

この前、僕らが作った新LS silentnightsの第一回イベントがあったの。

03.jpg
←この前撮った集合写真。写り悪い(´Д⊂



【アブダルスの箱庭】で殴り合おうってなってたわけですよ。
予約もおkで、バリスタやったこと無い人用に、レベル制限も10で強制裸。
故に、各キャラの差を埋め、純粋な殴り合いにしたわけですよ。


さあ時間です。楽しいバリスタのお時間です!

04.jpg
意気揚々と話しかけます。
箱庭管理のNPCにっ。
えるばーんにっ。



「あなたはあの場所に行くにはまだ早すぎるようです。私があなたにお話できることはありません。」





は?

ちょwww何コレwww入れねwww






いくら話しかけても、一向に台詞はかわらず、入るために必要なアイテムもトレードできません・・・
そんな中みんなは中に入って騒いでます。ゲルスバだーとか地図もらたとか早くーとか裸だから姿隠せばジョブわからねwみんな何で来た?とかウザスウザス。


どーにもラチがあかず、一旦落ちて(PCでやってるから。)ネットで調べます。
そして発見!!

・「アブダルスの箱庭-ゲルスバ」は、予約をすることで占有・利用が可能なバリスタ専用エリアです。
※「ファイナルファンタジーXI プロマシアの呪縛 拡張データディスク」をインストールしていない場合、および「プロマシアの呪縛」の拡張コンテンツの登録を行っていない場合は、専用エリアを利用することはできません。






_| ̄|○

殴りあう前に3人脱落・・ッ!!!





はやいよww
そんなこんなで買わなければ!と。
即座にヤフオクで落としました。ぷろましあ。

私のぷろましあ導入には、コレだけの物語があったのですww


近々、第二回殴り合いと、ぷろみぼんをLSでいこーとゆー話になってます。
そちらも後ほど、書きたいなぁと。
それでは、今回はここら辺で~ ( ゚Д゚)ノシ



書きはじめ。。
01.jpgはじめまして。。
コリーと申すものです。
taitanサーバで生息中。
LS silentnights所属であります。
ここでは、日々の出来事や、FF話をまったりと書いていくつもりです。



もちろんのこと、FFの話題中心でやっていきます。
FFやったことのない方、こんなイベントもあるんだーと思っていただけたら幸いです。
FFやってる方、あるあるwとか思っていただけたら幸いです。
FFやりすぎた方、昔はこんなのもあったなーと楽しかったあの頃を思い出していただけたら幸いです。。

それでは、ひとつがんばっていきますんで。
ヨロデス。 ( ゚Д゚)ノシ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。